読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポッピンQメモ(ほぼ推測&かっつりネタバレ)

考察 映画 アニメ

がっつりネタバレあるので隠します。
◇レノ
・「嘘つきさん」
→あの日をやり直したい気持ちがまだ吹っ切れていないこと、迷いがあることに対して

・「世界を変えるにはまだまだかな」
予告編での「人間は瞬きするほどの短い時間しか生きられない」
→つまりはレノは人間と同じ時間のスケールでは生きてはいない
 →ひょっとして永遠を生きている?生かされている?

◇ポコンとジンバット
・かつては対立する存在ではなく、おそらく近い位置で過ごしていたのではないか。
・とあるときにポッピン族の使命に疑問をいだき、義務から開放され自由に生きたいと願ったジンバッド、役目を全うしても心は自由でいられると考えているポコン。
・実はかつてポコンもジンバッドと同じことを考えたりとか言われて心が揺れたことがあるのかもしれない

◇予告編
・同じ高校になったのはレノの過去改変によるもの?
 →たとえば伊純の父が東京に出て会社をやるといったのは
  実はレノの過去改変の力が及んでいたのではないか
・時の掟から解放され伊純たちの世界に飛ばされた?やってきた?同位体達は人間の姿に
 →レノの背後に現れた男はジンバッド。
 →ダレン君は銀髪食いしん坊
 →ルチアも銀髪、ちょっと沙紀っぽい
 →タドナは黒髪ロング、エメラルドグリーンなカーディガン的な
 →ルピィは黒髪天パ
 →金髪の赤い服を着た子はおそらくレミィちゃん 意外と勝ち気そうな顔つきしてたような
→最後、伊純の世界から引き剥がされそうになっているのはポコン。
 →ポコンが連れてかれようとしているのはジンバッドとの関係性がからんでそう
・「これは僕らのはじまり」
 →僕らにはレノと少女5人を指すのか、時の掟から解放されたポッピン族のことまで含めて指しているのか

◇映画外でのはなし(本当ただのメモ)
コミケで販売していた設定資料的なのに美晴についてのつぶやきがあったのですが、美晴の同位体はレミィのフラグが立ちまくっている様子
・ポッピンQニコ生ゲストだったりとか、来場特典カレンダーのレミィとか結構それっぽいフラグは立っている。

本編で「世界を変えるにはまだまだかな」と言っているということは、多分、この映画だけで終わらす気はないんでしょうね。

だから来年3月のアニメジャパン決まってたりとか、ぶっちゃけポッピンQ以外で声優の仕事が見えていないタノウェイがこえずかという声優イベント出ることが決まってたりとかなんだかよくわからないフラグだけはきっちりたってるという。

逆に続編なかったらアニメジャパンは円盤発売です、のためだけに立つのかとなるな。